エントリー

Chaos;Child

http://chaoschild.jp/

CHAOS;CHILD

面白かった。科学 ADV シリーズは『シュタゲ』以来だから随分と久し振りだったんだなあ。最近は ADV を最後までプレイする気力が無くなってきてるし『カオチャ』もフルコンプ出来る自信はなかったんだけど、ダレそうになる箇所はいくつかあったもののダレ「そう」になっただけで、毎回なんだかんだで持ち直して最後まで読み切らせてくれた。それだけの完成度があった。確かにこれは名作。

ゲームは進行は『カオヘ』にもあった妄想トリガーと、マッピングトリガーで分岐していく仕様。妄想トリガーは『カオヘ』と違って分岐点でスキップが止まってくれるし、トリガーの後もスキップが継続されるなど改善されていた(というか改善されてなきゃおかしいレベルで『カオヘ』が酷かった)。拓留の妄想で面白いと思えるものはあまりなかったけど、私には楽しめない妄想を拓留がしていることが拓留のキャラクタに繋がっているのでこれはこれで有りかな。というか他人の妄想なんてツボが合わなきゃそーゆーもんだよな……。私がする妄想だって大多数の人から見ればつまらないのだろうし。でも楽しめた妄想もいくつかあって、それが殆どホモネタだったのがアレ。私は根が腐女子だからどうしても反応してしまうらしい。悔しいいいヽ(`Д´)ノ 一方マッピングトリガーは事件を推理するのではなく整理するための手段として機能していて、物語を改めて把握するのに役立った。ただ一つ難点を挙げると、拓留の字が下手で数秒目を凝らしてやっと読めるようになることが多かったのが……。いや私も字が下手なんで偉そうなことは言えないんだけど、これはゲームの選択肢なのでそのようなアレで地味に困ってました……。でもあの字だからこそ拓留だとも思えるので一概に駄目とも言えない。なんていうか、非常に拓留くんらしい字でした。あーあとバックログも見づらかったなあ。@ちゃんねるやブログの文字も見づらかったけど、こちらは流し読みでも問題なかった。しかし二周目以降のスキップはだるかった。長いシナリオなんだから次のトリガーまでジャンプさせてくれ……。

シナリオに関しては序盤から事件が起きるし残虐なものが多いので、すぐに『カオチャ』の世界に引き込まれた。力士シールも作品にインパクトを与えるためのアイテムで終わらず、ロールシャッハの画像だったことも上手くハッタリが聞いていた(これはディソードの仕組みにも当てはまる)。逆にノック音はそれ以上でも以下でもなかったけど、あれはあれでいいのかもしれない。何でもないノック音なのに、ちょっとしたリズムをつけるだけで一気に薄ら寒い音に様変わりするのが素晴らしい。不気味であることに意義がある。でも中盤以降はノック音が鳴りを潜めていくのが寂しかったなあ。ゲームの始まりがノック音だったし、あのノック音があってこその『カオチャ』だと思っていたから。

それと『カオヘ』は後半はディソードで戦う場面が増えて私の期待とは違う方向に物語が進むのを残念に思っていたけど、『カオチャ』でもディソードが出てくることはすでにわかっていたし、この点に関しては承知の上で買ったのでよほどのことがない限りは文句を言うまいと決めていた――けど、『カオチャ』におけるディソードは戦うための武器ではなく能力を具現させるためのツールというか、魔法使いキャラが持つ杖や魔導書に近いものになっていた。もちろん戦闘もあるけど、『カオヘ』に比べると「戦うための武器」としての役割が薄い。私はこちらのほうが好みかな。ただ、戦闘でダレそうになったところもあって、特にパイロキネシスの女が襲ってくる場面はキャラクタにも展開にもさっぱり興味を持てなくて結構退屈だった。『カオチャ』は丁寧に話が進行していくから、興味の持てない展開が続くと辛い時がある。けど、この丁寧さが終盤で得られるカタルシスの原動力になっているのも事実なので、不要だったと切り捨てることも出来ない。

ところでメインシナリオはいいけど個別ルートが弱い、という評判を事前に聞いていたけど、私は個別ルートも含めて楽しめた。個別ルートに入ると事件から遠ざかってしまうのでそこは物足りなく感じることもあったけど、個別ルートを経たからこそ得られたものも大きかった。メインルートは確かに面白かったしすごかったけど、キャラクタが刺さりそうで刺さらなかったから絶賛までは行かなかったのが、個別ルートを通っていくごとに世莉架の魅力にやられて『カオチャ』という作品への愛が増していった。華ルートは他のシナリオに比べても雰囲気が違ったりするけど、『カオチャ』はとても長いし一つくらいこういう思い切ったルートがあったのもありがたかった。

キャラクタはやっぱり拓留と世莉架が飛び抜けて印象に残っているけど、他にも好感を持てる子が多かった。私は基本的に「いい子」には興味を持てないので『カオチャ』の殆どのキャラクタは刺さらなかったけど、中の人の熱演もあって画面の中の彼らを眺めているのは楽しかったな。『カオチャ』はシナリオが良かったのはもちろんだけど、それ以上に声優の熱演を聞くのが楽しかった、てのも確実にある。特に拓留役を演じた松岡くんはあざとい演技も多かったけど、そのあざとさがいい感じにハマってて絶妙だった。

というわけで久し振りに良質の物語に出会えたな、と思えた作品で満足した。読後感も切なさに満ちていて、それがまた私好みの味でたまらないものがあった。大団円が一切ないところも恋愛要素が薄いところもいい。科学 ADV シリーズはどれも楽しんだけど、好みで言うなら私は『カオチャ』を挙げるかな。プレイして良かった。

※以下は『Chaos;head』のネタバレも含むので注意。

地底の旅

書いたことを忘れるのを避けるため(あと感想の鮮度も考慮して)速攻(?)でアガルタの感想を書きに来た。そろそろ『FGO』関連タグを作るべきかな。しかし今回改めて実感したけど、絆ボーナスの上手いクエストだとランチを限凸出来てないのが悔やまれる(私は一枚しか持っていない)。復刻はよー。なので今回もランチをつけてるフレンドの子たちをずっとお借りしてました。さすがに新宿とアガルタはフレポ目当てのゲストサーヴァントより絆目当てのフレンド優先になってしまうなあ……。

200日目

『FGO』をプレイし始めてから先日200日目を迎えた。まさかこんなに長く続くとは思わなかったなあ……。だからってわけでもないんだけど、アガルタ配信前に今までのシナリオの感想を公開することにした。実はバレンタインあたりに一度書いたものの失念し、先日ブログを弄っていてようやく記事の存在を思い出したんだけど、どうせなら新宿以降の感想も書こうかな、と当時のスクショや友達とのスカイプログからサルベージしてまとめてみた。というわけで新宿編からは最近書き足したものです、と一応注釈。

ところで先日やっとエドモンのドラマ CD を聞いたんだけどこれが面白かった。エドモン本人が。前半はともかく後半になると戦闘シーンが増えるんだけど、エドモンがドヤ顔で実況するからもうアレ。しかもほとんどやられっぱなしなもんだから笑うに決まってるだろうこんなん。しかしエドモンとエデの組み合わせはたまらんものがあるなー。エデやコンチェッタの実装……は難しいんですかねえ。

ゲームは『カオチャ』の一周目終盤で、今日にはエンディングを迎えられそう。評判がいいのは知ってたけどかなり面白い。今のところはツボを突いてくるようなキャラクタがいるわけではないんだけど、あまりダレることもなく進められている。最近はキャラクタにハマれないといくら話が面白くても挫折してしまうのかな、と感じることが多かったのでこういう感覚は久し振り。それだけ面白いってことなんだろうけども。

以下は『FGO』のこれまでのイベントの感想とか。

くそったれなゲーム

以前進めてるよ、とちょろっと書いていた『あやかしごはん』は四人攻略したところで頓挫した。実は『あやかしごはん』は平和で穏やかな世界観の作品を私がきちんと最後までプレイできるかどうかのリトマス紙でもあったのだけど、やっぱり難しいんかなあ。浅葱が好みだからコンプできるんじゃないかと思ってたんだけど、その浅葱の出番がほとんどないのが厳しかった。吟さんと綴は可愛いけど、キャラが可愛くても世界そのものが優しすぎると私には毒になってしまう。『リバソン』はナミ先生に悶えられたからコンプ出来たんだろうな。昔は「シナリオ重視でキャラクタはその次」って感じだったけど、今はシナリオとキャラクタと絵がそれぞれ同じくらい好みでないと続かなくなった、というかむしろキャラクタのほうに比重が傾きつつある。

それなら殺伐とした作品をやってみるか、というわけで名作と名高い『カオチャ』をやり始めた。グロもいっぱいあるし不穏でエグそうな気配が濃厚に漂っていて、こう書くとなんだけど私の精神が生き返るようだった。キャッチコピーの「くそったれなゲーム」にもワクワクしちゃうよねヒャッハー! これは『クロノボックス』も買うべきかな。

以下メッセージへの返事。ありがとうございました。

鬼退治

最初に書いておくと、今回のエントリは『FGO』の話しかしていない。

というわけで羅生門イベントお疲れ様でした。ギルやイシュタルで400万ほど一気に削れるのが気持ち良かった。中盤以降はさすがに飽きてきてかったるかったけど、結果的には楽しめたと言えるかな。自軍の成長をしみじみと感じたなあ……。大成功二倍のおかげで11人のサーヴァントをレベルマ or 最終再臨まで持っていけたのも嬉しい。

ところで「オールクラス分のサーヴァント語りをしてもいいのよ」的な振りをいただいたので、絆レベルの一番高いキャラクタをそれぞれ挙げてみた。こういう語りは今までしてなかったので語れて楽しかったですサンキュー。頂いたメッセージはまた後日改めてお返しさせていただきます。ありがとうございました。

ページ移動

ユーティリティ

2017年07月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

Chaos;Child
2017/07/23 23:23
地底の旅
2017/07/03 02:02
200日目
2017/06/29 06:20
くそったれなゲーム
2017/06/12 21:45
鬼退治
2017/06/09 01:46

Feed